読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オデッセイこと火星の人見てきた

小説気に入っていたので、映画見に行くのためらっていたけど、3D版を映画館に観に行ってきた。結果、とても良かった。

見に行ったのは川崎チネチッタ。 3D版の吹き替えで見たかったが、IMAXだと字幕しか無い。3D吹き替えは上映館少ない。4DXはちょっと無理矢理っぽいかもというネット情報を見たので、3Dでオッケー。

インターネットからの発券機はエスカレーター横にあった、がはじめわからなくてチケット売り場で聞いたら、対応してくれた。川崎チネチッタは駅から徒歩10-15分くらい。はじめmapに従って行ったら場所がわからなくてウロウロしてしまった。妙なレンガ風味の建物の中だった。

川崎チネチッタは大画面、というほどではなくまあ普通。cine6のd-12の座席をインターネットから予約した。前3列、通路、後ろに十数列、なので、通路後ろの真ん中という最高のポジション。客は20人いないぐらいだった。大学生と老夫婦かな。平日昼間だし、次の日はチネチッタの日で半額だし、まあそういうもんだろう。

もぎりの中の売店は閉まっていた。平日だからかな。あらかじめもぎりのところで聞かされたので大丈夫。もぎり外の売店は開いてる。

3Dメガネはクリップオンではなく、サングラス型。メガネオンメガネ。メガネの上から3Dメガネで大丈夫だった。逆に3Dメガネの上にメガネは画像が曲がる順番的にダメなのだろう。

盛り上がるシーンで、こんなのあったっけ??っておもったら、後でネットで見たら映画オリジナルシーンだそうだ。そこ以外は良く出来ていた。

小説の、トラブりながらも淡々と確実に一個ずつ懸念材料を潰していき、絶望的でも諦めない、一見無謀に見えても実は論理的で生き残る可能性が高い方に愚直に進む、という良さが出ていたと思う。小説だと一人称で語っていた部分が映像で見せられてる部分は多く、ユーモア描写が減っていたのはまあそういうもんだろうなあ。

この調子で、ガルパンマッドマックスも見に行ってみたい。あとインターステラーも見たい。